学資保険 一時払いと全期前納の違いとは?

学資保険ランキングで学資保険に加入すると保険料を支払わなければなりません。払込期間を通じて支払うことになる保険料は多額になるので、大抵の家庭は毎月少しずつ支払うようにしたり、1年単位でまとめて支払っていくようにしていることでしょう。しかし、学資保険を提供している生命保険会社では、月払いや年払いだけでなく、一時払いや全期前納払いといった支払い方法も用意しています。

一時払いと全期前納払いは、1回で保険料全額を払い込むという点と、月払いや年払いで支払う場合より支払総額を少なくさせられる点では一緒ですが、払い込んだ後の保険料の取り扱いが異なります。一時払いは、一般的な一括払いとほぼ意味は一緒で、保険料は全額生命保険会社のものとなります。学資保険を途中でやめると解約返戻金が支払われますが、払込期間が終了したと扱われるため、契約者が死亡した場合に払込免除特約が適用されることはなく、保険料の払い戻しもありません。

これに対して全期前納払いは、払い込んだ保険料を預かる形になり、保険料の払込日がきたときに預けたお金の中から支払いが実施されます。もし、学資保険を途中でやめた場合は、既に支払った部分が解約返戻金の対象となり、まだ支払いが済んでいない部分は払い戻されます。通常の分割払いと同様に、契約者が死亡すると払込免除特約を受けることもできます。

また、学資保険の保険料は、所得税や住民税の計算をする際に生命保険料控除の金額に含めることができますが、一時払いの場合は支払った年の分しか適用できないのに対し、全期前納払いは支払いが終わるまでは毎年適用させることができます。所得金額を計算する際には、一時払いと全期前納払いの扱いを間違えないようにしましょう。