消費者金融で低金利の業者で注意したいこと

消費者金融の金利は、ほとんどの場合に利息制限法の上限の18%、もしくはそれに近い金利となっています。利息制限法では、10万円未満の借入では20%が上限となっているので、10万円未満の融資にも対応しているところでは、最高金利が20%となっていることもあります。

消費者金融で金利が高めに設定されているのには、理由があります。それは、銀行の審査に通らない人がたくさん申し込む傾向があるからです。多くの人は、お金を借りるなら、社会的な信用があって、金利も低い銀行で借りたいと思います。消費者金融のイメージは昔と比べると良くなっているものの、まだまだ銀行には及びません。そのため、年収が低い人、収入が安定しない人、過去に延滞をしている人、他社からの借入が多い人など、属性になんらかの不安がある人が申し込む傾向があります。貸し倒れのリスクが高いため、金利を高くしてリスク対策をしなければならないのです。

消費者金融でも低金利の業者は存在しますが、なぜ低金利になっているのかということをよく考えてから借りましょう。例えば、クレジット会社が提供しているゴールドローンのように、ステータス性が高い人を対象としている商品などは、低金利になっていることに納得ができます。しかし、「審査なしで金利10%で100万円まで貸します」といったように、常識的に考えてありえないような条件を提示している業者には、注意が必要です。ヤミ金などの違法な業者である可能性が高いです。
審査が甘い借りやすい消費者金融!選び方3つのポイントはこちら